*

オランダの子供誕生時のお祝いの仕方

主人の知人でオランダに住むクリエイターの方がいるのですが、毎年クリスマスになるとカードを送ってくれます。

 

今年は、彼らご夫妻がバングラデシュに仕事で訪問、ダッカの我が家に宿泊したので(主人も私も日本に滞在していたので直接お会いしませんでしたが)、主人が奥様に日本の和傘をプレゼントしたこともあってか、今年はカード以外にプレゼントが同封されてました。

一つは子供用のミッフィーの絵本。

送り主のオランダの知人が小さいころ読んだ、それと同じ絵本だということです。

もう一つは、ビスケットと砂糖菓子。

なんでもオランダでは、子供が生まれると、このビスケットにバターを塗って、砂糖菓子をのせて食べるんだとか。

今朝からビスケットに大量のバターを塗って、砂糖菓子をのせて主人が食べてました。

一番下の息子は何故か砂糖菓子を気に入って、それをポリポリ。

アニスが入っているし、すごく甘いという感じではないので決して美味しいという代物ではないんですが・・・

(背景が見苦しくで申し訳ありません。)

息子が頭に載せているのがビスケットの缶です。ビスケットの断層は缶に印刷されているもので、実際のものではありません。

娘が手にしているのがミッフィーの本です。

IMG_3009.jpg

左の箱が砂糖菓子。開けると(右)直接箱に入っていてちょっと驚きました。

IMG_3023.jpg IMG_3033.jpg

左がビスケット。右のようにのせて食べました。(お皿やランチョンマットが生活感あふれ出ていて申し訳ありません)

IMG_3032.jpg IMG_3035.jpg

検索すると、記事がありました。

http://chocomelk.exblog.jp/12832364

なんでピンクのものを選んだかな・・?と思ったらこの記事で理由が判明。女の子の場合がピンクなんですね。

沢山の人に食べてもらったほうが子供が幸せになるという事が書いてあるので、我が家のメンバーだけではなくほかの方々にも食べてもらわねば・・・

バングラデシュでは、出産すると、ミスティというミルクで作った甘いお菓子を配る風習がありますが、こうしたオランダの習慣、とっても素敵だなと思いました。

 

公開日: : 出産育児

関連記事

1つ作って×3世代おかず―現役主婦の変身! 新発想レシピを読んだ

我が家には2歳児から糖尿病の40代まで食事の幅が広く、ちびっ子は最近家でご飯(米)しか食べず、頭が痛

記事を読む

かあさんの暮らしマネジメント【本のレビュー】

副題は「仕事、家事、人生をラクに楽しくまわすコツ」 かあさんの暮らしマネジメント

記事を読む

大好きなヒーローと話せるというキャラデコ特典の驚愕のカラクリとは?

ちょっとさかのぼりますが・・・・ 時は2012年11月。 いつも子供がお世話になっている近

記事を読む

放射能関連のぽぽたん製造過程

つい先日、粉ミルクからセシウムが検出されたことがニュースになりましたが、母乳育児のためにいつも買っ

記事を読む

夏祭りの金魚すくいの金魚がバケツに放置状態でも2週間経っても死なない! そんなときあなたは?

毎日暑いですね~ 皆さんはいかがお過ごしでしょうか? 8月中旬、近所のA-coop前で夏祭

記事を読む

アンバサダー限定作例シートでナノブロックプラスを体験してみました!  #ナノブロックモニター

第一弾に引き続き(記事はこちら)、第二弾のアンバサダー限定作例シートでナノブロックプラスを体験にも当

記事を読む

へんしんトンネル【読み聞かせ本レビュー】

本を開くと、注意書きが書いてあります。 なんでこんなこと書いてあるんだろうと不思議

記事を読む

10歳からの見守りBOOK 西野博之

内容は抽象的で短くあまり細かく書いてないのですが、読んで良かったと思える本です。 どち

記事を読む

赤黒かった赤ちゃんも今では白くなりました

ハーフなので遺伝もあるかと思いますが、生まれて1,2ヶ月は、三男はよくいきんで、顔も赤黒かったです

記事を読む

ねないこだれだ

寝かしつけに良いかなと思って買った絵本です。 最後に○○が出てきます。 うちの息子はそれを

記事を読む

メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑