*

あさりが今すぐ食べたくなる? NHK あさイチ 3月6日放送 スゴ技Q 究極のあさり汁&しじみ汁

あさイチ昨日の予告で、あさりということだったのであまり興味がなかったのですが、ご飯を食べながらついつい面白くてみてしまいました。

 

最初から真面目に見てなかったのですが、最初に私の目に入ってきたのは「死んだあさり」が入ったあさりの味噌汁と「生きてるあさり」で作ったあさりの味噌汁。

死んだものが入っているのはあまりおいしくないという実験結果。

それでは死んだあさりの見分け方は?

 

「煮た時に口が開かないもの」

 

ではないようです。

 

確かに口が開かないのは傷んでいたり悪くなっていたりするようなので取り除いたほうが良いようですが・・・

 

生きたあさりを見分ける方法は

ゴシゴシ貝同士こすって洗う

です。

ゴシゴシこすった時、口がギュッと固く閉じるのは生きてる証拠で、死んでるのは少し開くんだそうです。

2つめは、調理前のちょっとしたコツで旨味成分を増やす方法!

それは・・・

 

洗った後、水からあげて、バットなどに広げ、濡れ布巾や濡れたペーパータオルなどをかぶせ、20度ぐらいの常温に置いておくこと。

あさりは水から上がると酸欠状態になるのですが酸欠状態だと旨味成分が増える性質があるんだとか。

6時間から最大でも12時間。

12時間以上水から上げておくと悪くなってしまうので注意。

また乾燥を防ぐために濡れ布巾などを忘れずに。

 

3つ目のスゴ技は、あさりの身をふっくら仕上げる方法。

これは蓋と余熱を上手に使うこと。

味噌汁とかで全部貝の蓋が開くまで加熱してしまいがちですが、最初の一つが開いたら、後は蓋をして火を止めて2,3分置いとくのが良いそうです。

余熱で貝が全部開くのですが、余分な加熱がないので身が縮まなくてふっくら仕上がるのだそうです。

これはウチゴハンで、どっかのシェフが貝が開いたら、開いた順に一度取り出して、全部開いて取り出したらまた鍋に戻して調理終了、とするとあさりの身がふっくら仕上がります。とやってましたが、これと同じ原理ですね。

結局熱を入れすぎないようにすることが、あさりの身をふっくら仕上げる方法のようです。

どちらの方法でも良いと思いますが、忙しい人は開いた順にあさりを取り出すというのは大変と思いますので、蓋をして余熱で調理が良いかもしれませんね。

あとしじみは一旦凍らせると旨味成分が増えるそうです。

 

うちの息子は匂いに敏感で海老やあさりなどがだめですが、今日のあさイチを見て、あさりの味噌汁、今すぐ食べたくなってしまいました!

 

 

最近は産地も気になりますが、瀬戸内海なのでこれなら大丈夫かな?

公開日: : 最終更新日:2016/01/06 衣食住

関連記事

ちょっと高くても、コッチ! 【本のレビュー】

この本は、タイトル通り、ちょっと高いけど、安全性の高い食品を紹介している本です。 安全な食品を購入

記事を読む

地震のときの心得3 スーパーで買い物しているときに地震にあったら?

このシチュエーションが一番ありがちですね。スーパーは、商品棚が多いので、そこから離れて、何もないよう

記事を読む

キャラ弁ならぬキャラ巻が手軽にできる?話題のクッキングトイで本格料理!

昨日、いつも、朝はEテレ見てるんですが、母が市場休みで家にいたので、やじうまTVがついていました。

記事を読む

子どもと食べたい時短おやつ【本のレビュー】

私が小学生の頃は、家が商売をやっていたせいもあり、学校の先生に「おやつはいつも何を食べてるの」と聞か

記事を読む

春先まで使えるニッセンの薄軽コンパクトダウン

暑いと思っていたら、いつの間にか10月も下旬ですね・・・・。  紅葉にハイキン

記事を読む

絶対美味しいおでんレシピ@

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/11/05/01.html

記事を読む

作って楽しむ、育てて楽しめるジオラマキット サファリクリエーター「南極」体験記

もうすぐ夏休み・・・   1ヶ月ぐらい前、日比谷花壇のページでこんなものを見つけ

記事を読む

10月12日放送 お願いランキングゴールド 第2回 レトルト食品総選挙 パスタソース編

.pitem{ width:150px; height:220px; border:solid 1

記事を読む

子どもの一人歩きで注意することは?

子どもが一人出歩く際、道のどちら側を歩かせたほうが安全性が高いでしょう。1道の右側2道の左側 答

記事を読む

横で子どもが寝ていてもOKのLEDブックライト

最近の、というかこの3月に日本に再上陸してからの私の悩みは、夜、子供が寝付いてから、自分が寝られな

記事を読む

メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑