*

赤ちゃんがベビーカーごと後頭部から転倒!その時あなたは・・・?

先日、息子の鼠径ヘルニアの検診の帰りに、図書館に行って予約していた本が届いていたので取りに行きました。

 

佐渡市立図書館以外の新潟大学や新潟県立図書館の蔵書だったので、司書さんが丁寧に扱わないとということで紙袋に丁寧に入れてくれました。

 
私としてはばらしてベビーカーの下に入れたかったのですが、目の前で入れ替える事も出来ず、とりあえず手に持ちましたが、あまりに重いので、いつものように(歯医者に行くときにバウンサーを載せている)、ベビーカーの幌の上に何気なく載せました。
 
そして向こうの検索パソコンで遊んでいる3歳の娘を呼ぶと・・・
 
ベビーカーが後ろに転倒!
 
起こそうとすると、赤ちゃんがずさっと出てきました。
 
きゃーーー!
 
声には出さなかったものの、ゾッとしました。
 
そんな大惨事の中でも、赤ちゃんは眠ったまま目を覚ましません。
 
ギャーーと泣いてくれたほうがまだ安心です。
 
頭を打ったときは揺らさないほうがよいとわかりつつ、名前を呼んでも目を覚まさないので頭を揺らして呼びかけました。
 
それでも目を覚まさない・・・
 
司書の方も「病院に行ってきて!」と悲痛な叫び。
 
慌てて病院へ戻りました。(病院は図書館の隣)
 
朝方、嫌な夢も見てたんです。
 
みんなでバスでどこかへ出かけていたんですが私が運転手で、だんなに赤ちゃんを抱っこしていてと頼んだのに、水の入ったバケツに入れて忘れてしまって、赤ちゃんがふやけて大丈夫かどうか怪しい。。という夢。
 
なもんで、とっても怖かったです。
 
総合受付で事情を説明、とりあえず小児科へ連れていってもらうと中の看護婦さんはめんどくさそうに出てきます。
 
看護婦さんは足の裏をつねってやっと目を覚まして鳴き始めた赤ちゃん。
 
看護婦さんは受付の事務員さんに「とりあえず受付だけしといて」ということで指示。
 
その後、赤ちゃんにおっぱいを飲ませてみてと言われ、飲ませると、「飲んでるなら大丈夫ね」と言い、このままちょっと様子を見るように言われました。
 
10分後、図書館においてきた3歳児が悪さをしでかしていると大変なので事務員さんにどのぐらい待てばいいのか聞いてみると、看護婦さんに聞いてくれて「とりあえず吐いたりしないか30分ぐらい様子見て」ということでした。
 
帰るのでもいいけど、受付しているので、電話でもいいので、帰るなら帰ると言ってくださいと言われ、「あとで電話します」ということで、赤ちゃんは笑っていたのでとりあえず図書館に向かった。
 
図書館へ向かうと3歳児は向こうのテーブルで不機嫌な顔をしていて、図書館の方に相手をさせていた。
 
・・・
 
司書の方にもご挨拶し、図書館を去る。
 
3歳児を連れてもう一度病院へ戻り、笑っていて大丈夫そうなので帰りますと告げる。
 
家についてからいろいろ検索してみると、頭を打った直後から12時間以内に吐いたり意識不明になったりしなければ大丈夫というのが通説のようだ。
 
 
参考にした記事
 
またあるお医者さんのコメントでは「人間の力で起こったことなら大丈夫」ということでした。
 
例えば椅子に座っていて転倒したとか。
 
危険なのは窓から転落とか。
 
ということで、その日は1日心配でしたがそれから1週間ほど経つのでまあ大丈夫でしょう。
 
うちの実家でも、私を含めてよく2階の階段から転げ落ちたり、子供の身長ほどの高さの上り口から土間へ落ちたり、いろいろありましたが、みんな生きています。
 
 
ということでまとめ。
 
・赤ちゃんが転倒して寝ているときは、足の裏をつねったり押えたりして赤ちゃんを起こそう。
・意識がある場合は、授乳してみよう。
 
そして何よりも大事なのは
ベビーカーの幌には重いものを載せない!(私だけよね・・・)
 
ちなみに使っていたベビーカーはこちらで洋服はスキーウェアのようなふかふかのフード付のものでした。
 
ともあれ、乗っているときにしたから滑り落ちないようにばかり考えてしまいますが、ベビーカーは上から抜けやすい構造をしているかも?
 
そういえばヘッドサポートもあったので使えばよかったかもですが、いずれにしても後ろへの転倒は気を付けないといけないと思いました。
 

公開日: : 出産育児

関連記事

きぜつライオン【読み聞かせ本のレビュー】

最近時間はさらに全然ないのですけど、子供に絵本を読み聞かせて、あっと驚く展開に自分もびっくり、子供も

記事を読む

自転車の荷台部分に幼児椅子を取り付けるときの注意点(世界一受けたい授業より)

実家のある福島から、佐渡に疎開中なんですが、先日、支援物資で自転車と幼児座席を譲って頂きました。

記事を読む

妊娠による食欲不振

今回、妊娠に気付いたのは、気持ちが悪いのが1週間以上続いたことだった。 6月4日頃まですごい

記事を読む

ありがとうのえほん

息子にいろんなありがとうを伝えられるかなと思って買った絵本です。 まあ内容は大人にとって、す

記事を読む

買って使えた育児用品・使えなかった育児用品

今日、病院の待ち時間に置いてあった「赤すぐ 2013年11月号」を読んでいたら、使えた育児用品・使

記事を読む

女の子を伸ばす母親は、ここが違う!【本のレビュー】

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!つながりで、松永さんの著書を幾つか読んでいます。

記事を読む

幸せはお金持ちではなく、子供持ちにやってくる? 「日本一わかりやすい男の子の育て方」ほか 

お友達のにゃんこさんが、FBで本の情報をシェアしてくれました。   上部画像

記事を読む

体重管理

安全に出産するためには、やはり、体重管理や食事などが重要になってきます。よく、体重制限といわれますが

記事を読む

魚離れ、子どもの発育に影響も=給食に地元水産物を 08年度水産白書(時事通信)

※以前の記事なので、リンク元が削除されてしまったため、こちらに引用します。 5月15日10

記事を読む

子どもは三歳までに一生分の恩返しをする? ~かわいがり子育て【本の感想・レビュー】

子どもへのまなざしの著者の方の本が、評判がよいようでしたので、何冊か読んでみることにしました。

記事を読む

メッセージ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑